読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帝釈峡ツーリング

ツーリング

広島県北東部に位置する庄原市東城町、神石高原町にまたがる帝釈峡を訪れた。

f:id:odryu:20161016134159j:plain



f:id:odryu:20161016134504j:plain
奥行き200メートルの鍾乳洞窟である白雲洞を見学。



f:id:odryu:20161016134739j:plain
足場は平坦で板張りがしてあるため歩きやすい。




f:id:odryu:20161016135123j:plain
自然が創りあげた神秘的な造形。洞壁には石灰紀のサンゴの化石があらわれている。




f:id:odryu:20161016135246j:plain
天井は高く開放感がある。




f:id:odryu:20161016135348j:plain
数十万年の歳月を経て創り出される自然の驚異。




f:id:odryu:20161016135621j:plain
電球に当たっているところだけが植物で緑色に染まっている。




f:id:odryu:20161016135740j:plain
行き止まりなので折り返すことにする。




f:id:odryu:20161016135940j:plain
鬼の供養塔。10メートルにおよぶ石柱で、帝釈天に命じられて雄橋、雌橋を造った陰陽二鬼神の供養塔と言われているらしい。





f:id:odryu:20161016140205j:plain
天然記念物、雄橋。カルスト地形の中を曲がって流れていた帝釈川が土地の隆起によって谷が深く浸食される過程で、地表を流れていた川の一部が、地下の鍾乳洞の中を流れてトンネルをつくり、それが再び地表に出て川底やトンネルを侵食することで大きな天然橋となったという。




f:id:odryu:20161016140918j:plain
橋の内側では石が賽の河原の如くつみあげられていた。




f:id:odryu:20161016141044j:plain
雄橋。反対側から。





f:id:odryu:20161016141419j:plain





f:id:odryu:20161016143216j:plain





f:id:odryu:20161016141454j:plain
「帝釈の里」というレストランで昼食をとることに。お昼時より少し後れていたせいか、客は僕以外には誰もおらず、店内はしんとしていた。





f:id:odryu:20161016141732j:plain
カルビ丼を注文した。神石牛という希少な黒毛和牛が使われている。初めて食べたけど非常に柔らかくて美味しかった。