読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年の個人的注目バイク

現在、僕はVTRに乗っていて、このオートバイには概ね満足しているわけだけれど、それでも他のオートバイに興味が無いかと言ったら嘘になる。乗ってみたいバイクはたくさんある。

2017年には様々な新型バイクが出るらしい。中でも特に気になっているのがホンダのレブルである。全く毛色の違うCBR250RRも刺激的そうで気にはなってはいるのだけれどあまり肩肘張らずに乗れるのはレブルのほうかな、なんて思っている。

f:id:odryu:20161223235656j:plain
写真引用元:Honda Moto 2017


レブルは日本では生産終了となっていたが、米国では根強く支持され続け、2017年モデルでフルモデルチェンジされることが11月に発表された。
CB500系のエンジンをベースにした水冷並列二気筒のレブル500とCBR300系の水冷単気筒のレブル300がまず米国で発売され、日本向けにはレブル500とCBR250Rベースのエンジンでレブル250の発売が計画されているそうな。
レブル300(250)はフレームやスタイリング、タイヤの太さなどどがレブル500と共通らしく、外観としてはレブル300(250)の方がエンジンまわりの隙間が多い印象。

特徴的な造形のスリムなタンク。丸目ライトのレトロな雰囲気。硬質感のあるシンプルなデザイン。マットシルバーメタリック。渋すぎる。ヤマハのB〇LTに少し似ている、気がしないでもない。
新型レブルに惹かれたのはなんといってもライディングポジション。アメリカンスタイルのバイクはふんぞり返って足を前に突き出すようなポジションになる車体が多いけれど、新型レブルは足置きが中央付近にあって操作しやすそうに感じた。

250ccか500ccのどちらにするかという話になると、購入するとすれば250ccの方を今のところ考えている。
もっと排気量の大きいバイクは選択肢にないの?といった声も、もしかしたらあるのかもしれない。僕の場合、ツーリングに限らず毎日の通勤に使用するのが大前提なので、軽量で取り回しが容易であることは欠かせない。となると、やはり選択肢はこのクラスになってくる。

レブル250の馬力や燃費などの細かな仕様はまだ発表されていないけど、約11リットルのタンク容量と燃費から連続航続距離を考えると、やはり選ぶとしたらレブル250かな。1つ懸念があるとすればハンドルが遠そうってこと。ただこればかりは実際に自分で直接見て跨ってみないとなんとも言えないので、2017年はそれを楽しみにして生きていくことにしよう。そうしよう。